JCJの歴史


 戦後の民主化

1945年の敗戦直後、日本のジャーナリストたちは戦争責任への痛烈な反省のもとに、民主化運動に立ち上がった。経営・編集幹部の責任を追及し、労働組合を結成して社内の民主化をはかった。新聞では56社中44社で社長や重役が更迭された。「国民とともに起たん」と題する朝日新聞声明は戦後ジャーナリズムの方向性を示した。
 民主化の動きは1950年の朝鮮戦争を機に押しつぶされた。米国の占領政策が変化し、ソ連(当時)や中国などに対する軍事基地として日本を位置付ける方向に急展開した。マスコミ界でも民主化を求める人々が解雇・配転された。


 議長に『世界』編集長・吉野源三郎氏

「再び戦争のためにペン、カメラ、マイクを取らない」という戦後日本ジャーナリズムの精神はしかし消滅しなかった。労働組合とは性質を異にするジャーナリストの職能組織として1955年2月19日、日本ジャーナリスト会議(JCJ)が創設された。短命に終わった「ジャーナリスト連盟」や「知識人の会」「プレスの会」といった小規模の運動がその母体の役割を果たした。
 岩波書店の雑誌『世界』の編集長・吉野源三郎氏を議長に、JCJは発足8ヶ月で主要メディアを網羅する会員1200人の組織になった。
55年12月にはタブロイド判4頁の機関紙「ジャーナリスト」第1号を発行。JCJ賞を58年に創設した。

 60年安保とベトナム戦争

1960年、日米安保条約改定に反対する国民的な運動の中でJCJはネットワーク作りに取り組み、様々な文化運動の扇の要のような役割を果たした。この年、安保改定反対の論陣を張り続けた雑誌『世界』にJCJ賞を贈った。
60年~70代のベトナム戦争では日本のジャーナリストの活躍も目覚ましく、戦場の最前線を取材した。米軍に殺される民衆の姿を新聞、テレビが報じ、反戦の世論が高まった。JCJ賞となった本多勝一氏『戦場の村』(68年・朝日新聞)はその中でもひときわ目立った。
 こうした創設の目的と初期の活動は今日まで受け継がれ、JCJの様々な活動を支えている。2015年には創設60周年を記念し、シンポジウムを開いたほか、16年に冊子『JCJ賞受賞作で読み解く 真のジャーナリズムとは。』を出した。


 


 1955年2月19日に開かれた日本ジャーナリスト会議の創立大会を報じる「月報」。
岩波書店の吉野源三郎氏が議長に選ばれた。



 JCJ創立60周年記念シンポで講演する4人の講師。左から、TBSの金平茂紀さん、
東京新聞の金井辰樹さん、弁護士の大江京子さん、SEALDsの元山仁士郎さん
(2015年11月29日、東京・千代田区のエデュカス東京で=酒井憲太郎撮影)



 創立60年を記念して発刊した「JCJ賞受賞作で読み解く 真のジャーナリズムとは。」