今後の予定

5月15日(土)午後2時から4時まで
オンライン講演会「ミャンマーは、どうなっているのか」
講師:ドキュメンタリー監督 岸田浩和さん 

ミャンマーでクーデターを起こした国軍は、抗議する市民や学生たちに銃口を向け、残虐な弾圧で多くの犠牲者を生んでいる。その実情をSNSなどで発信していた日本人ジャーナリスト、北角裕樹さんも軍・治安当局により拘束された。ミャンマーはどうなっているのか。
ヤンゴンに留学経験があり、継続的にミャンマーの少数民族問題や宗教対立の取材を行っている岸田浩和さんから、ミャンマーの今について、様々な角度からお話をしてもらう。
参加費:500円


参加の希望の方はPeatixで参加費をお支払いください。
下記をクリックすると手続きできます。
https://myanmawaima.peatix.com/ 
Zoomで視聴できるURLは前日5月14日までにメールでお知らせします。当日、パソコンでURLをクリックして参加してください。
【なおJCJ会員は無料です。onlinejcj20@gmail.comに別途申し込んでください】

【講師の紹介】
★岸田浩和さん 立命館大学、ヤンゴン外国語大学、光学メーカーを経て、2012年に「缶闘記」で監督デビュー。2016年の「Sakurada,Zen Chef」は、ニューヨーク・フード映画祭で最優秀短編賞と観客賞を受賞した。Yahoo!CREATOR’ほか、Webメディアに映像取材と記事を発表中。2019年より、調査報道グループ「フロントラインプレス」所属。関西学院大学、東京都市大学、大阪国際メディア図書館にて、非常勤講師。


21年3月21日(日)午後2時から4時まで
オンライン講演会「政治とメディアを考える」
講師:TBS「NEWS23」スペシャルコメンテーター・星 浩さん

政治は生き物、一寸先は闇と言われる。興亡を繰り返すそんな政界をメディアは国民目線で伝えてきたのだろうか。
永田町をウオッチするTBS 「NEWS23」スペシャルコメンテーター・星浩さんが「政治とメディア」を検証する。

参加費:500円












加のご希望の方はPeatixて参加費をお支払いください。
(1)https://seijiokangaeru.peatix.com/ をクリック
(2)チケットを申し込むをクリック。参加券の枚数を選ぶ
(3)支払いに進む。初めてPeatixを利用する方はアカウントを作成。
   名前、メルアド、自分独自のパスワードを入力し、ログインする
(4)カードかコンビニかなど、支払い手段の選択。支払いを終える
(5)Zoomの配信URLは前日3月20日までにメールでご連絡
(6)講演会当日、パソコンでURLをクリックして参加

【講師の紹介】
★星 浩さん 1955年福島県生まれ、79年東京大学卒、朝日新聞入社、85年から政治部。首相官邸、自民党、外務省などを担当。ワシントン特派員、政治部デスク、特別編集委員などを歴任し、2016年に退職。TBS系「NEWS23」キャスターを務める。2004~06年、東京大学大学院特任教授。著書に『自民党と戦後』『官房長官 側近の政治学』『永田町政治の興亡 権力闘争の舞台裏』など。
【JCJ会員は参加費無料。onlinejcj20@gmail.com に別途申し込んでください】

4月10日(土)午後2時から4時まで
オンライン講演会「スクープの秘訣~~切れば血の出るような報道を」
         ――『週刊文春』『赤旗』のリーダーに聞く

講師は新谷学さん=『週刊文春』編集局長、山本豊彦さん=『しんぶん赤旗日曜版』編集長。進行役・藤森研さん=JCJ代表委員


スクープはジャーナリズムの華だ。大手メディアに元気がない今、政財界や芸能界の権威を
「文春砲」で果敢に撃破し続ける『週刊文春』。
特ダネは枚挙にいとまがないが、総務省接待現場の録音報道は記憶に新しい。また、桜を見る会の私物化問題を追い詰め、学術会議の任命拒否を特報した『赤旗』の活躍も近年目立つ。
いま、ジャーナリズムの先頭に立つ両誌紙のリーダーの2人に、スクープのネタは一体どう探すのか、どんな手段でウラを取っていくのか、続報の準備は必須かなど、スクープ連発の秘訣とノウハウを遠慮なく聞く。

参加費500円。Zoomで開催の予定。お申し込みはPeatixを通じてお願いします。