今後の予定

2021年10月9日
<人間・コミュニティの回復と原発のない社会を目指して>
★第5回『原発と人権』全国研究・市民交流集会=メディア分科会★
「ジャーナリズムは原発報道で責任を果たしてきたか?~〜放射能惨事・これまで と これから」
10月9日(土)午後1時から5時まで(会場参加とオンラインを併用)

【プログラム】
○映画上映、開会挨拶
 コーディネーター・林勝彦さん(司会も):元NHK、東大客員教授。3/11映画監督・制作
○第1部 基調報告「ジャーナリズムは原発報道で責任を果たして来たか?」
 瀬川至朗さん・早稲田大学政治経済学術院教授、ジャーナリズム大学院プログラムマネージャー、元毎日新聞科学環境部長・論説委員
コメント:桶田敦さん・大妻女子大学教授、元TBS報道局解説委員

○第2部 5人のジャーナリスらによる各論=現場と専門的な分野からの報告
 ★『見捨てられた被ばく者~どこへ行ったか被ばく報道』
 島明美さん:福島県伊達市主婦、個人線量計データ検証と生活環境を考える協議会代表
 ★『原発報道〜朝日・吉田調書事件を一つの題材として』
 添田孝史さん:サイエンスライター、元朝日新聞記者、国会事故調査委員会協力調査員
 ★『原発作業員の現状と報道の自由~現場取材10年の闘い』
 片山夏子さん:東京新聞福島特別支局長
 ★『世界の常識、日本の非常識 〜報道の欠如、論評の偏り』
 満田夏花さん:国際環境Foe Japan 事務局長、原子力市民委員会副座長
 ★『原発の懺悔 〜メディアがキャリーした原発のウソ』
 加藤就一さん:原発ジャーナリス、元NTV・NNNドキュメント統括プロデューサー
○閉会挨拶  コーディネーター・丸山重威さん:日本ジャーナリスト会議運営委員、元共同通信編集局次長、元関東学院大学教授 

会場:早稲田大学・小野記念講堂
(東京都新宿区西早稲田1-6-1  27号館 地下2階)
   会場参加は50人まで。他はZoomを使ってのオンライン視聴になります。

参加費:会場参加・オンライン視聴ともに800円
     Peatixを通じてお申し込み、お支払いをしてください。
     https://mediabunkakai.peatix.com/ をクリックすると手きができます。

【お断り】当日、緊急事態宣言が出ている場合は小野記念講堂での開催をとりやめ、全面的にオンライン開催にします。会場参加を申し込まれた方もその場合は自宅のパソコンなどでオンラインでご視聴ください。 

主催:第5回『原発と人権』全国研究・市民交流集会 メディア分科会実行委員会
共催: 早稲田大学国際情報研究センター
    サイエンス映像学会
    日本ジャーナリスト会議(JCJ) 

 


10月17日~12月4日
学生向け・秋のJCJジャーナリスト講座(オンライン)全6回
メディアの世界をめざす学生向けの講座です。
報道の姿がリアルにわかり、仕事の面白さ、魅力が伝わってきます。

【1】10月17日(日)午後2時~5時 
「新聞記者の仕事とは何か」
共同通信記者=新崎盛吾さん

【略歴】1967年生まれ。90年4月に共同通信入社。山形、千葉、成田の各支局で3年ずつ、計9年を過ごし、99年4月から08年9月まで社会部。 警視庁公安、羽田空港分室、国土交通省などの記者クラブを担当し、遊軍ではイラク戦争、北朝鮮、赤軍派などを取材。その後、さいたま、千葉の支局デスク、関東・甲信越の支局を管轄する東京編集部デスクを経て、14年7月から16年7月まで新聞労連委員長。現在は共同通信の配信記事をネット向けにリライトするデジタル編成部のデスク。「金曜ジャーナリズム塾」事務局長、法政大学兼任講師。沖縄県出身。

 

【2】10月23日(土)午後2時~5時
「ネット時代の新聞記者」
沖縄タイムス・デジタル編集委員=與那覇里子さん

【略歴】1982年那覇市生まれ。2007年沖縄タイムス社入社。こども新聞、社会部(環境、教育などを担当)を経て2014年からデジタル部。2021年から現職。2015年、GIS沖縄研究室研究室、首都大学東京渡邉英徳研究室と共同制作した「沖縄戦デジタルアーカイブ」が文化庁メディア芸術祭入選など。
2019年3月、首都大学東京システムデザイン研究科卒業。大学在学中から、若者文化を研究し、著書に2008年「若者文化をどうみるか」(アドバンテージサーバー)編著など。

 

【3】11月6日(土)午後2時~5時
「忘れてはならない原発事故と避難者の現在」
ジャーナリスト=青木美希さん

【略歴】札幌生まれ、札幌育ち。北海タイムス(本社札幌、旭川)に入るも1年半で休刊、北海道新聞に入社。北海道警裏金問題を取材班で追及し、10億円近くが国庫などに返還される。2010年に朝日新聞に入社し、原発事故検証企画「プロメテウスの罠」に参加、「手抜き除染」報道を手がける。北海道警裏金問題、プロメテウスの罠、手抜き除染の報道の各取材班で新聞協会賞を3度受賞した。初の単著「地図から消される街」(講談社)は貧困ジャーナリズム大賞、日本医学ジャーナリスト協会賞特別賞、平和・協同ジャーナリスト基金賞奨励賞を受賞。2020年に編集局から配置転換で外れるも、ジャーナリストとして取材を続け、新刊「いないことにされる私たち」を4月に出版。ツイッターのフォロワー数は朝日で最多の5万1千人。

 

【4】11月13日(土)午後2時~5時
「どのように『清六の戦争』を書いたか」
毎日新聞記者=伊藤絵理子さん

【略歴】1979年、静岡県生まれ。お茶の水女子大学大学院修了。2005年、毎日新聞社入社。仙台支局、経済部、情報調査部、「開かれた新聞委員会」事務局兼社会部、阪神支局を経て、現在東京本社コンテンツ編成センター勤務。連載「記者・清六の戦争」で第26回平和・協同ジャーナリスト基金賞・奨励賞、第15回疋田桂一郎賞を受賞。6月に「清六の戦争 ある従軍記者の軌跡」として書籍化。

 

【5】11月27日(土)午後2時~5時
「伝わる作文技術と心得」
ジャーナリスト=川井龍介さん

【略歴】ジャーナリスト、ノンフィクションライター。1956年神奈川県出身。慶応大学法学部卒、毎日新聞記者を経て独立。著書に「大和コロニー フロリダに『日本』を残した男たち」(旬報社)、「伝えるための教科書」(岩波ジュニア新書)など。翻訳に日系アメリカ文学の金字塔「ノーノー・ボーイ」(旬報社)。「大和コロニー」の英語版「Yamato Colony」は、「the 2021 Harry T. and Harriette V. Moore Award for the best book on ethnic groups or social issues from the Florida Historical Society.」を受賞。

 

【6】12月4日(土)午後2時~5時
「調査報道に挑む」
朝日新聞記者(諏訪支局長)=依光隆明さん

【略歴】高知市出身。1981年高知新聞入社。社会部、経済部などを経て社会部長。2008年朝日新聞に移り、特別報道部部長などを経て諏訪支局長。共著に『黒い陽炎―県闇融資究明の記録』(リーダーズノート)、『プロメテウスの罠』(学研)など。

 

【オンライン講座、参加の方法】
◇受講者:新聞やテレビの世界をめざす学生が対象。既卒1~2年でもOKです。一般の社会人の方はご遠慮ください。
◇受講料:【1】から【6】まで6回通し券=3000円(推奨)
      好きな講座が選べる1回券=600円(複数枚可)

◇受講希望の学生の方はメールで onlinejcj20@gmail.com に申し込んでください。氏名、大学学部名・学年(既卒の方は卒業年)、連絡先電話番号、メールアドレス、受講券の種類(6回通し券または1回券)を明記してください。1回券の方は受講希望日をはっきり書いてください。1回券2枚で好きな2講座、3枚で3講座、4枚で4講座を選べます。
◇受講料の支払い方:メールで申し込むと、支払いシステムPeatixのURLと必要なキーワードをお知らせします。Peatixを開き、キーワードを用いて支払い手続きをして下さい。カードやコンビニ払いが選択できます。
◇キャンセル:6回通し券は10月14日まで受け付けます。Peatixを通じて取り消し手続きをしてください。1回券は取り消し不可ですのでご注意ください。

◇参加する講座の前日までに、Zoomの配信URLをメールで送ります。パソコンやスマホで視聴できます。ミーティングID、パスコードも送ります。
◇講座を欠席されても毎回事後に録画(5~7日間試聴可能)をメールで送信します。アルバイトなどで講座に出れない場合も、後から講座の録画を視聴できます。

主催:日本ジャーナリスト会議(JCJ)


2021年10月30日(土)午後2時から4時まで
オンライン講演会「メディアの地殻変動―ゼロベースで新たなジャーナリズムを」(仮題)
講師:ジャーナリスト・神保哲生氏(日本ビデオニュース株式会社代表取締役。インターネット放送局『ビデオニュース・ドットコム』代表・編集主幹)
司会・進行役:立教大学教授・砂川浩慶氏

 新聞やテレビなど既存の大手メディアが十分に報道の役割を果たしているか。首相会見の場に流れる「お行儀の良い」空気。視聴者が知りたいことを突っ込んで聞く質問も少ない。このままでは報道は劣化する一方だ。神保氏は根本的に、ゼロベースからジャーナリズムを構築し直すべきと語る。そこにある意図、考え、具体策などを立大の砂川教授を聞き役に、引き出してもらう