〈JCJ Online講演会〉『ヤジと民主主義』から香港問題まで---北海道放送の挑戦

※ログインいただきますとJCJ会員限で記録動画をご覧になれます

■開催趣旨:
舞台は2019年7月の参議院選挙。札幌で自民党の応援に入った安倍晋三首相(当時)に対し、ヤジを飛ばした人や無言でプラカードを掲げようとした人たちが警察官に取り囲まれて排除された。
権力行使の根拠はどこにあるのか。ヤジという庶民の発言手段を封殺する社会とは何だろうか。その問いを投げかけたのが北海道放送(HBC)の作品「ヤジと民主主義~小さな自由が排除された先に~」だ。この作品は2020年にJCJ賞を受賞した(写真=撮影・武馬怜子さん)。HBCは香港における民主化運動弾圧の問題を地方局の視点から追いかけるなど、視野を広げ、挑戦を続けている。制作の現場に立つ編集長からその思いをうかがう。(2021.2.13)


■開催後記:
講師は北海度放送(HBC)報道部編集長の山﨑裕侍さん。2019年夏の参院選挙で、札幌市で街頭演説をする当時の安倍晋三首相に対し「安倍やめろ」と歩道から叫んだ男性が複数の警察官によって現場から排除された。警察は何を根拠に一個人のヤジを封殺したのか。そこに民主主義の危機を感じ取った北海道放送のディレクターらが問題解明に挑んだ。

■講演者プロフィール:
山﨑 裕侍(やまざき ゆうじ)。北海道千歳市出身。1971年、静岡県に生まれる。日本大学文理学部史学科卒業。東京の制作プロダクションに入社。98年テレビ朝日「ニュースステーション」専属ディレクター。死刑制度、少年事件などを継続取材。綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件の加害者取材で報道局長賞受賞。2006年HBC入社。報道部配属「企画・遊軍班」。19年から報道局報道部編集長。

■主な取材歴:
・JR石勝線脱線事故の継続取材(2011)
 ※事故直後の車内映像を独占入手しJNN月間賞受賞

・厚別区女性殺人事件の継続取材(2014~2015)
※容疑者の逃走する瞬間を取材・撮影しJNN月間賞受賞

・シリーズ憲法~記者たちが見つめた現場~(2017-2018・計8回)

・旧優生保護法の継続取材(2018)
 ※2018(第43回)JNNネットワーク協議会賞活動部門協議会賞

■記者として主に制作したドキュメンタリー番組
『命をつなぐ~~臓器移植法10年・救急医療の現場から~』2007年11月25日
・第49回科学技術映像祭 内閣総理大臣賞
・平成20年度民間放送連盟賞 テレビ報道 優秀

『赤ひげよ、さらば。~地域医療“再生”と“崩壊”の現場から~』2009年5月29日

『凍えた部屋~~姉妹の“孤立死”が問うもの~』2012年 5月26日
・平成24年日本民間放送連盟賞 ラジオ 報道番組部門 最優秀賞
・平成24年度(第67回)文化庁芸術祭 ラジオ部門 優秀賞
・第50回ギャラクシー賞ラジオ部門入賞(選奨)
・第39回放送文化基金賞 番組部門 ラジオ ラジオ番組賞

山﨑 裕侍さん
ヤジと民主主義