〈JCJ Online講演会〉「維新政治の深層をえぐる」講師:ノンフィクションライター・松本創さん

※ログインいただきますとJCJ会員限で記録動画をご覧になれます

■開催趣旨:
昨年10月の総選挙で台頭した日本維新の会。公示前の4倍近い41議席を獲得した。憲法改正に前のめり、ウクライナ危機に乗じ非核三原則を見直して米国の核兵器を国内に配備する「核共有」を言い出すなど、平和主義とは真逆の方向を進む。なぜ維新が勢力を得たのか、維新政治の本質は何かなどを、『誰が「橋下徹」をつくったか』著者でジャーナリストの松本創さんに解き明かしてもらった。そこには維新に無条件で迎合する大阪のテレビ局のあり方も関係していた。(2022.4.16 14:00〜16:00)

■講演者プロフィール:
1970年、大阪府生まれ。神戸新聞記者を経てフリーランスのライター。関西を拠点に政治・行政、都市や文化などをテーマに取材・執筆している。著書に『誰が「橋下徹」をつくったか――大阪都構想とメディアの迷走』(2016年度日本ジャーナリスト会議賞)、『軌道 福知山線脱線事故 JR西日本を変えた闘い』(第41回講談社本田靖春ノンフィクション賞)など。最新刊の『地方メディアの逆襲』では、地方紙3紙・地方局3局の奮闘や課題をルポしている。

誰が「橋下徹」をつくったか ―大阪都構想とメディア