機関紙「ジャーナリスト」
2021年10月号 通巻763号

続きを読む
NEWS & REPORT
〈JCJ Online講演会〉「ネット時代の新聞記者」講師:沖縄タイムス・デジタル編集委員=與那覇里子さん

與那覇里子さん略歴:1982年那覇市生まれ。2007年沖縄タイムス社入社。こども新聞、社会部(環境、教育などを担当)を経て2014年からデジタル部。2021年から現職。2015年、GIS沖縄研究室研究室、首都大学東京渡邉 […]

続きを読む
NEWS & REPORT
〈秋のJCJジャーナリスト講座2021〉①「新聞記者の仕事とは何か」講師:共同通信記者・新崎盛吾さん

新崎盛吾さん略歴:1967年生まれ。90年4月に共同通信入社。山形、千葉、成田の各支局で3年ずつ、計9年を過ごし、99年4月から08年9月まで社会部。 警視庁公安、羽田空港分室、国土交通省などの記者クラブを担当し、遊軍で […]

続きを読む
NEWS & REPORT
■第5回『原発と人権』全国研究・市民交流集会 in ふくしま=メディア・ジャーナリズム分科会(共催:早稲田大学国際情報研究センター・サイエンス映像学会・日本ジャーナリスト会議(JCJ))

 分科会テーマは「ジャーナリズムは原発報道で責任を果たしてきたか?~〜放射能惨事・これまで と これから」。東京の早稲田大学・小野記念講堂で開いた。 コーディネーターは元NHKの林勝彦さん。第1部は「ジャーナリズムは原発 […]

続きを読む
機関紙「ジャーナリスト」
2021年9月号 通巻762号

続きを読む
NEWS & REPORT
第64回JCJ賞の贈賞式と記念講演

 東京都文京区の全水道会館で開催。JCJ代表委員の山口昭男さん(元岩波書店社長)のあいさつの後、映画「生きろ 島田叡―戦中最後の沖縄県知事」などを制作したTBS報道局の佐古忠彦さんが「私と沖縄」のテーマで記念講演。 受賞 […]

続きを読む
NEWS & REPORT
2021年・第64回JCJ賞を発表

 日本ジャーナリスト会議(JCJ)は1958年以来、年間の優れたジャーナリズム活動・作品を選定して、「JCJ賞」を贈り、顕彰してきました。今年で64回を迎えました。8月31日の選考会議で次の6点を受賞作と決定し、9月3日 […]

続きを読む
機関紙「ジャーナリスト」
2021年8月号 通巻761号

続きを読む
NEWS & REPORT
〈JCJ Online講演会〉「敗戦から76年、日本は再び戦争をするのか?」講師:防衛ジャーナリスト・半田滋さん(元東京新聞論説兼編集委員)

■開催趣旨:解釈改憲で集団的自衛権を合憲とし、戦争法をつくった安倍政権と、その路線を引き継ぐ菅政権。そのもとで台湾有事になれば、日本が米軍の戦争に巻き込まれる危険性は極めて高い。「戦争をする国」への道は、自衛隊員を含む多 […]

続きを読む
NEWS & REPORT
植村スラップ訴訟最終報告会と「金学順さんが名乗り出た時---記者たちの証言」シンポ

■開催後記:植村訴訟最終報告会と「金学順さんが名乗り出た時――記者たちの証言」シンポ。旧日本軍によって従軍慰安婦にされた韓国人女性、金 学順(キム ハクスン)さんが、自分は元慰安婦だったと会見で明らかにしてから30年。そ […]

続きを読む
機関紙「ジャーナリスト」
2021年7月号 通巻760号

続きを読む
NEWS & REPORT
〈JCJ Online講演会〉「原発事故後の福島を撮り続けて10年」講師:フォトジャーナリスト・山本宗補さん

■開催趣旨:東日本大震災と原発事故から11年目に入った原発事故被災地。深刻な放射能拡散のため、我が家にも故郷にも戻って生活再建できない被災者は4万人余。帰還困難区域内の見せかけの「復興」。歳月とともに忘れ去られる被災者。 […]

続きを読む